お役立ち情報

記事のカテゴリーを選ぶ

【ケアマネさんから好評!】千広の独自サービスをご紹介

ケアマネさん・利用者さまから喜ばれるサービス 最短即日配送の音速フットワーク  ご利用者様にとって必要な福祉用具がない状態は、非常に不安で危険な状態とも言えます。わたしたちはご利用者様の不安や危険をいち早く改善できるよう、急なご依頼にも対応できる万全な体制を整えています。  物品をすぐにご利用者様の元へ持っていけるよう自社倉庫を所有し、いつでも対応可能なデリバリー専門スタッフを配置しております。緊急時もすぐにかけつけられるよう緊急対応窓口を設置しています。 充実のアフターフォロー  福祉用具を安全にご利用いただくために福祉用具の定期メンテナンスやご利用者様のお身体の状態確認を徹底しています。またわずかな変化にも気付けるよう業界経験豊富な専門スタッフがアフターフォローいたします。  ご利用者様の安全で快適な生活を支えていくために、専門スタッフは定期的に勉強会に参加し常に新しい情報を取り入れることに取り組んでいます。 千広独自の無償レンタル期間  福祉用具レンタルは介護保険利用が前提のサービスでもあり、『入院中』や『介護保険申請の認定期間中』などは利用ができません。 しかし千広は、そういった期間でも転倒や退院後の不安を解消できるよう福祉用具を無償でお貸ししています!「退院する前に福祉用具に慣れておきたい」「認定期間中に何かあったら怖い…」などの声をいただき生まれた千広の独自サービスのひとつです。 購入対象商品のデモができる  一般的にポータブルトイレや入浴用具などの購入対象商品は購入前に実物を見たり試したりすることができませんが、千広はデモ用の商品をご用意しております! 購入する前のお試しや、購入後実物が届くまでの数日間の利用においても、すこしでも利用者さまの不安を解消できるよう努めています。 自社倉庫を持ち商品管理・消毒・メンテンナンスを行う千広だからこそできるサービスです。 レイアウト変更・不要家具の引き取りサービス  福祉用具を導入する際に、安全に福祉用具を設置・利用していただくため、場所移動や撤去しないといけない家具が出てくることがあります。 千広は福祉用具導入時に家具のレイアウト変更はもちろん、不要家具の引き取りも行っています。介護ベッドを導入する際に以前使っていたベッドを撤去する場合は基本的には『無償』で行います。また介護ベッド導入以外でも不要な家具がある際は便利な引き取りサービスを行っております。 詳しくはお問い合わせください! 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『床ずれ・褥瘡(じょくそう)』と福祉用具の選び方

床ずれ・褥瘡(じょくそう)  「床ずれ」は寝返りができないような寝たきりの方によくなる症状で、長時間同じ箇所が圧迫され血流が悪くなり壊死してしまうことを言います。主にかかとや仙骨部など骨が出っ張っている箇所にできやすく、初期は皮膚の発赤と軽い痛み程度ですがひどくなると皮膚に穴が開き骨まで見えてしまうような状態になる可能性もあります。  「床ずれ」の予防方法としては、身体を傾けたりして血流を滞らせないようにすることが重要です。しかし寝たきりの方の身体を傾けるのはとても大変ですし、ベッドの上となると力が入りづらかったり無理をしてしまうとかえって介助者が身体を痛めてしまうケースも多くあります。これをサポートする福祉用具も実はたくさんあります。 ベッド上などで力が入りにくい場合には「体位変換器」を活用して介助者が楽に体位変換できるベルトのようなものや、クッションのようなものもあります。また介護ベッド上に敷くマットレスも床ずれが起こりにくいよう設計されているものがあり、中には「エアマット」と呼ばれる空気で身体を傾けたりマット全体の圧力調整を自動でしてくれる機種もあります。「介助者の負担を軽減する」ことも福祉用具の重要な役割と考えられており、さまざまな形で介助者を楽にする福祉用具もたくさんあります。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『床ずれ・褥瘡(じょくそう)』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『脳卒中(片麻痺)』と福祉用具の選び方

脳卒中(片麻痺)  「脳卒中」は脳内の血管が破れたり詰まったりして脳の機能が損なわれる病気です。その中でも血管が詰まり一部の脳細胞がダメージを受けることを「脳梗塞」と呼び、高齢者に多い疾患の一つです。 脳梗塞は動脈硬化や血栓が原因とされ、喫煙や飲酒などの生活習慣の影響が大きいと考えられています。  脳梗塞を起こすと一部の脳機能がダメージを受け、右もしくは左半身の感覚がなくなる「片麻痺」や言葉を発せなくなる「失語症」などを引き起こすとされています。ダメージを受ける脳の部位により発症する症状はさまざまですが、今回は片麻痺の場合にどのような福祉用具を選びべきかについて簡単に解説します。 片麻痺の場合に適する福祉用具には歩行補助杖や車いすなどがありますが、片手・片足で身体を支えたり、操縦しないといけないということがポイントです。そのため両手で支えるような歩行器は適さないケースが多いです。動かせる方の手足の筋力が維持できている場合は歩行補助杖、そうでない場合は転倒リスクが高いため車いすを利用することが多いですが、安易に車いすを利用してしまうと元々片足で立つことができたのに筋力が衰え立ち上がることができなくなるなど身体機能の悪化を招く可能性もあるため注意が必要です。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『脳卒中(片麻痺)』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『腰椎圧迫骨折』と福祉用具の選び方

腰椎圧迫骨折  「腰椎圧迫骨折」は骨密度が低くなりやすい高齢者に多いけがです。重いものを持ち上げたり、何かの拍子にしりもちをついてしまったときなどに起こりやすく、腰に大きな負担がかかった際に腰骨の一部がつぶれたように変形することを「腰椎圧迫骨折」といいます。症状としては、腰の激しい痛みや足のしびれなどがあります。  腰椎圧迫骨折を起こす多くの方が骨密度が低下していることが多いことから、骨を丈夫に保つためにカルシウムやビタミンDなどを普段から摂るようにすることも大切です。しかし、腰椎圧迫骨折の直接的な原因は「転倒」など突発的な事故が多いことから、自宅や外出先などで転倒しない環境を作っておくことが重要です。  自宅での転倒事故は意外にも多く、リビングや浴室、階段などあらゆるところに危険が潜んでいます。転倒を予防するために、手すりを設置したり、浴室用の手すりやシャワーチェアを利用したり、雨で濡れると滑りやすい玄関などに滑り止め剤を塗布したり、さまざまな対策が可能です。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ 介護保険を使ってお得に介護リフォーム(住宅改修)を行う方法はこちら⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『腰椎圧迫骨折』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『パーキンソン病』と福祉用具の選び方

パーキンソン病  「パーキンソン病」とは、脳の中でドーパミンと呼ばれる運動指令を伝達する物質が少なくなることで引き起こされる病気です。初期症状は、手足の震えや動作が遅くなったり、よくつまづくようになったりすることが多く、高齢者に多い疾患です。原因がはっきりしておらず完治する方法はありませんが、薬や日々のリハビリで進行を遅らせることができます。  パーキンソン病の症状によって、ふらつきや転倒につながる危険性があります。「ふらつきがあるから転倒しないように歩行器を利用する」と考える方も多いかと思いますが、パーキンソン病の場合は、歩行器選びに注意が必要です。 パーキンソン病の症状の一つに「突進現象」と呼ばれるものがあります。これは「歩行のスピードを緩める」ことができず、どんどんスピードが上がってしまう現象のことで、止まりたいけど止まれなくなることからパニックになり、歩行器のブレーキをかけられず転倒したり、大きな事故につながる危険性があります。歩行器を選ぶ際は「抑速付き」のものであったり、車輪がついていない「ピックアップ型」を利用することをおすすめします。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『パーキンソン病』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『変形性関節症』と福祉用具の選び方

変形性関節症  「変形性関節症」とは、関節の軟骨や周辺組織が損傷することで、痛みやこわばりなどが起こる慢性疾患です。はっきりとした原因はわかっていませんが、長年使い続けた関節の軟骨がすり減り発症するケースや太った方は膝や股関節の負担が大きくなり発症しやすい傾向があります。発症する部位としては、身体を支える「膝」や「股関節」が多い傾向です。  変形性関節症が進行すると関節部の骨同士がこすれ、痛みが出たり、放っておくと関節の形が変わってしまうこともあります。関節の変形がひどくなると歩行や立ち座りなどの動作ができなくなる可能性があるので、早めに整形外科へかかることをおすすめします。  福祉用具を活用することで関節の負担を軽減することができます。例えば、立ち座りをよく行うリビングやトイレに手すりを設置したり、介護ベッドの背上げ機能や高さ調節機能を活用することで起床時など立ち上がる際に膝や腰への負担を軽減することができます。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『変形性関節症』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『関節リウマチ』と福祉用具の選び方

関節リウマチ  「関節リウマチ」とは、手や足の関節が炎症を起こし、痛みや腫れが現れます。 進行すると関節が変形し、日常生活に支障をきたすことがあります。関節リウマチは免疫システムの異常により、自分の関節を攻撃してしまうことで炎症が起こります。 原因は完全には解明されていませんが、細菌の感染やストレス、喫煙、ケガなどが関与していると考えられています。  関節リウマチが進行すると手や足の関節が痛んだり腫れたりして、ものを握ることが難しくなったり、歩くときに痛みが出てしまうことが多いです。  関節リウマチの方が福祉用具を選ぶ際に気を付けないといけない重要なポイントがあります。例えば、足に痛みがあり歩行補助杖を利用しようとすると、手の関節も同様に関節リウマチになっている場合「にぎる」動作ができないため手で十分に身体を支えられない可能性が高いです。また歩行器も同様でハンドル型は合わないことが多いです。そのため歩行器では「にぎる」必要がない「前腕支持型」や「馬蹄型(U字型・コの字型)」が使いやすいです。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『関節リウマチ』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

高齢者に多い疾患・ケガ『大腿骨頸部骨折』と福祉用具の選び方

大腿骨頸部骨折  「大腿骨頸部」とは太ももの付け根部分(股関節)のことで、骨がくびれて細い部分でもあるため、骨密度が低下しやすい高齢者が転倒などが原因で骨折してしまうケースがあります。 「大腿骨頸部骨折」の主な症状は太ももの付け根に痛みがあり、歩くことや立つこともできなくなります。  高齢者が「大腿骨頸部骨折」をしてしまった場合、手術や入院により長期間歩くことができないため足腰の筋力が衰えてしまい骨折前のように歩くことができなくなってしまうことが多いです。骨折後は継続的にリハビリをして足腰の筋力回復をしていくことが重要です。  リハビリをするとはいえお一人暮らしをされておられる方や昔ながらの段差が多い自宅での生活では、転倒のリスクが高くまた骨折をしてしまうかもしれません。そうならないためにも、福祉用具や住宅改修を活用してご自宅の環境を整えておくことが重要です。 この症状に合う福祉用具 自分に合った福祉用具をプロに無料で選んでもらう⇒ どうやって福祉用具を選べばいい? 福祉用具のプロに相談  本記事では『大腿骨頸部骨折』とそれに合う福祉用具をご紹介しましたが、高齢者の場合複数の疾患が併発している場合も多くあり、ご紹介した福祉用具がどなたにでも合うとは一概には言えないというのが実情です。まずは福祉用具や高齢者の疾患・ケガについて詳しい方へご相談してみることをおすすめします。 株式会社千広は熊本県に根差して、地域のご高齢者やご家族の生活を福祉用具で20年以上支援してきた企業です。高齢者に多い疾患・ケガはもちろん、豊富な種類の福祉用具を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。 福祉用具について相談したい方はこちらから⇒ 公式LINEからお気軽にご相談ください!  ただいま千広では、LINEからもご相談受付中です。LINE上でご相談いただけましたら福祉用具専門相談員が個別にお答えいたします。またLINE上で福祉用具を探したり、福祉用具に関するお役立ち情報をお届けしておりますので、まずはお友達登録してみてください! 公式LINEでどんな情報が見れるの?記事はこちら⇒  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

公式LINEでお役立ち情報配信中!

公式LINEお友達追加はこちらから⇒ どんな情報が見れるの? 福祉用具に関するさまざまな情報をお届け  福祉用具の活用事例や介護リフォームの事例、おすすめ福祉用具などさまざまな情報を見れるような仕様にしています。 福祉用具検索もできます! 福祉用具や介護リフォームの事例もシーンごとにご紹介! トークでのお問い合わせも承っております! トークからお気軽にご相談ください。  弊社スタッフがLINE相談窓口をしておりますので、個別のお問い合わせにも対応可能です。  お仕事などで日中電話がとれない方でも、LINEであればスムーズにやりとりができます。もちろんお電話でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

福祉用具レンタルと介護リフォームを比較

 高齢化社会が進む中、自宅で快適に暮らすための選択肢として、福祉用具レンタルと介護リフォーム(住宅改修)が注目されています。それぞれの特徴を比較し、上手な使い分け方を探っていきましょう。 福祉用具や介護リフォームに関するご相談は株式会社千広へ 福祉用具レンタルと介護リフォーム 福祉用具レンタルとは?  福祉用具レンタルは、介護保険制度に基づいて、要介護者や要支援者の方が、日常生活を送るために必要な福祉用具を、レンタル事業者から借りることができる制度です。 レンタル対象となる福祉用具は、車いす、歩行器、手すり、介護ベッド(特殊寝台)など、13種類が定められています。これらの福祉用具をレンタルすることで、利用者は自宅で自立した生活を送りやすくなります。 介護リフォーム(住宅改修)とは?  介護リフォーム(住宅改修)とは、高齢者や障がい者の方が、自宅で安全かつ快適に生活できるよう、住環境を改善する工事です。具体的には、段差解消、手すり設置、滑り止め加工、床材変更、浴室改修などがあります。 改修の内容によっては介護保険や補助金を利用することができ、通常のリフォームより低予算で工事することができます。 福祉用具や介護リフォームに関するご相談は株式会社千広へ 福祉用具レンタルのメリットとデメリット  福祉用具レンタルには、メリットとデメリットがあります。 福祉用具レンタルのメリット 福祉用具レンタルのデメリット  福祉用具レンタルには、要介護度によってレンタルできる商品とできない商品があります。例えば、車いすや介護ベッド(特殊寝台)は、原則要介護2以上の方でないとレンタルができません。 介護リフォームのメリットとデメリット  介護リフォーム(住宅改修)にも、メリットとデメリットがあります。 介護リフォームのメリット 介護リフォームのデメリット  賃貸などにお住いの方は、その賃貸オーナーの意向により改修ができない場合があります。また工事の規模が大きくなるほど工事期間も長くなり環境が整うまで一定期間待たなければなりません。 レンタルとリフォームの上手な使い方  福祉用具レンタルが良い場合と介護リフォームが良い場合の一般的な考え方をご紹介します。 福祉用具レンタルがおすすめの場合  症状や状況が変化しやすい場合  例えば、「けがなどで入院し一時的に歩けない状態になったときリハビリとして歩行器をレンタルする」といった状況は福祉用具レンタルが最適です。リハビリをして身体状態が元に戻った場合その時点で歩行器は不要になるため、短期的な利用を想定している場合はレンタルの方が費用的にもお得に利用ができます。 介護リフォームがおすすめの場合  長期的に同じ症状や状態が続く場合  です。人それぞれ身体状態や自宅の構造など条件が違うため、その人に合わせて「福祉用具レンタル」と「介護リフォーム(住宅改修)」を使い分ける、つまり『いいとこ取り』をすることが最もお得に利用できる方法です。 まとめ  上記のような状態に応じたレンタル・リフォームの選び方はあくまで一般論で、それ以外にも自宅の構造上の問題であったり、金銭的なことや利用者本人の希望など様々なものを考慮して選択する必要があります。利用者お一人おひとりの状態・状況に合わせて判断することは非常に難しいことですので、「福祉用具と介護リフォームどちらにも詳しい業者へ相談すること」をおすすめします。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る
  • 1
  • 2