導入事例

記事のカテゴリーを選ぶ

介護リフォーム事例(浴室)

 この記事では、生活のお困りごとを介護リフォームでどのように解決したのかを実例をもとに詳しく紹介します。今回は「浴室の改修事例」をご紹介します。 お困りごと  今回のご相談者さまは、お風呂が大好きで毎日入浴されておりました。しかし最近、入浴中に床で滑りそうになったり他にもヒヤリとする場面が増えてきており、不安を感じておられたら「お風呂での転倒事故は交通事故よりも圧倒的に多い」というニュースを見てよりいっそう不安を感じる様になったとのこと。それからは、家に誰かが居る時や昼間に入浴をされていましたが、それでもやっぱり「自分のペースでお風呂に入りたい」と弊社にご相談を頂きました。 解決方法 ビフォー  ご相談者さまの浴室は昔ながらの家によくある、浴槽は正方形、かつ埋め込み式で深さは55cmと深くなっており、床は滑りやすい材質のタイルが敷かれていました。また、お風呂の中でリラックスした姿勢になりづらく、浴槽に出入りする際もまたぎぎづらい環境となっていました。 アフター  そこで、浴室の床材を滑りにくいタイルへ変更し、お風呂の中でリラックスしやすく、かつ出入りしやすいデザインの浴槽へ交換。 「こんなにも快適になるとは思いませんでした。床が滑らないだけですごく安心だし、お風呂にゆっくり浸かれる気持ち良さは想像以上でした」とのお言葉を頂いています。 また、この浴槽はふちに腰かけスペースがあるためお身体の状況が変わっても安心してお風呂に入れることもお勧めの一つです。浴槽などの改修を行う際は、これから先お身体の状態が変わっても安全に使っていただけるように、先々を想定して設計・改修を行っています。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

介護リフォーム事例(玄関・屋外)

 この記事では、生活のお困りごとを介護リフォームでどのように解決したのかを実例をもとに詳しく紹介します。今回は「スロープ造作」をご紹介します。 お困りごと  今回のご相談者さまは、膝の手術をきっかけに外歩き用の歩行器をレンタルしていました。お一人住まいで近くのスーパーまで買物に行くことを日課とされていました。
 そんなある日、は脳梗塞を発症。足に軽い麻痺が残りました。「歩行器を使えば移動はできる。でも、踏ん張りが効かなくて、ふらついて怖くて・・・」と不安を抱えていらっしゃいました。「外出は続けたい。ただ、玄関の段差でふらふらしてしまい大変で・・・」とご相談いただきました 解決方法 ビフォー 玄関から門扉までの道のりは、舗装などもされておらずデコボコの状態でした。以前なら多少地面がデコボコしていても足でふんばりが効いたので問題はなかったのですが、足に麻痺がある今は転倒の危険性が非常に高いと判断しました。また歩行器もデコボコ道を使うような仕様ではないため、歩行器の故障にもつながりかねませんでした。 アフター そこで、歩行器で外出が出来るように、門扉から玄関先までのスロープ造作工事をご提案。門扉の段差を取り払い、玄関先の段差につながるように緩やかな勾配のスロープをつくり、歩行器でも行き来が出来るようにしました。段差を乗り越える必要もなくなり負担なく出かけることが出来るようになられ、脳梗塞発症前と変わらずに楽しみの買い物を続けていらっしゃいます。 他にも嬉しいエピソードを頂きました。「病気をする前から、買物後の荷物を載せた歩行器を抱えて移動するのが大変に思っていたの。スロープでそのまま玄関に入れるからとても楽になって良かった」と表には出ていなかったお悩みの解決にも繋がりました。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る

福祉用具活用事例(手すり)

 この記事では、生活のお困りごとを福祉用具使ってどのように解決したのかを実例をもとに詳しく紹介します。今回はスタンディ(手すり)をご紹介します。 お困りごと  今回のご相談者さまは、ひざの関節痛をお持ちの方で普段からしゃがんだりするとひざに痛みを感じることが多かったそうですが、靴の履き替えはなんとかご自身でできていたそうです。しかし、つい最近ひざの関節痛が悪化してしまい靴の履き替えも難しくなってしまったようです。ご自宅では基本的に一人のことが多く誰かに手伝ってもらうことも難しく、買い物や気分転換でもよく外出していたので、外出ができなくなることが何よりつらいことだとおっしゃっていました。 解決方法 ビフォー  ご相談者さまの玄関は大きな段差はないものの、手すりや掴まるところがほとんどありませんでした。靴を履くために一度座ってしまうと、掴まるところもなく立ち上がりができない状態になってしまうような状態でした。 アフター  今回はスタンディという置き型手すりをご提案しました。スタンディは手すりでありながら、左の写真を見てわかる通り「椅子」としても活用ができる商品です。座って靴を履き替えられるため、ひざへの負担も軽減されますし、立ち上がるときや支えが欲しいときには手すりとしても使えます。  ぱっと見で「通常の椅子でも代用できそう」と思われる方も多いかもしれませんが、通常の椅子と大きく違う点は『重さ』です。通常の椅子は押したり運んだりするため軽い素材で作られていることが多いですが、スタンディは『支える』ために設計されており重量があります。ですので置き型でありながら安定性が高く、利用者さまも安心して使えます。  ご相談者さまにスタンディを使っていただくと、靴の履き替えもご自身でできてすごくうれしそうにされており、「これで外出も自分のペースでできる」と喜んでおられました。

chihiro-matsumoto
福祉用具・介護リフォームの千広
詳しく見る